AkibaSearch Blog Search
あきばブログ検索

あきばブログ検索
携帯版
smartphone版
画像検索 | Myキーワード | Japanese | English

クレイジー・キッチン1巻 「エロとギャグと料理が入り交じるグルメコメディ!」 : アキバBlog
クレイジー・キッチン1巻 「エロとギャグと料理が入り交じるグルメコメディ!」 : アキバBlog
荻原数馬氏 の小説を、 ヤミザワ氏 がコミカライズされている 「クレイジー・キッチン」1巻 【AA】がアキバではもう出てる。
オビ謳い文句 は『伝説的グルメコメディ 「キッチン【やらない-O】」 がまさかのコミカライズだ!』で、 折込チラシ は『エロとギャグと料理が入り交じる痛快グルメコメディ!』になってる
Tweet -
コミカライズ 「クレイジー・キッチン」1巻 【AA】
「伝説的グルメコメディが、まさかのコミカライズだ!」
「(俺は朝から何度も何度も飯を作り続けている。
しかし、作るはしから“お客様”と名乗る連中に横取りされている。
なんたる理不尽)」
「なんてイヤらしいエビだよ。
風呂あがりの美女だって、ここまでの色気はないぞ」
「俺が厨房の神だ」
ゲーマーズ本店
特典:イラストカード
とらのあな秋葉原店A
特典:イラストカード
アニメイト秋葉原本館
荻原数馬氏 の小説を ヤミザワ氏 がコミカライズされ、ComicWalker内・少年エースplusで連載中の 「クレイジー・キッチン」1巻 【AA】(キャラクター原案: ジョンディー氏 )が、アキバではもう出てる(公式発売日は25日)
原作小説『クレイジー・キッチン』は、荻原数馬氏が WEB掲示板に投稿されていた作品 を商業書籍化されたもので、 商業書籍版の作品情報 によると『ビジネス街に佇む洋食屋「ひだるまキッチン」。
店主の天才料理人、日野洋二は2つの業を抱えていた。
自分で作った飯を客に食わせたい。
自分で作った飯を自分で食いたい。
その為ならば注文無視、監禁となんでもござれ。
しかし黙って従うような客たちでもない。
不良サラリーマン、食事をたかる従業員――彼らを巻き込み、飲食店の常識を破壊する騒動が次々と勃発する』というお話
今回発売になったコミカライズ 「クレイジー・キッチン」1巻 【AA】には、第1話「トンカツ定食」~第7話「ハンバーグ」と「カナさんの◯◯◯◯」を収録( もくじ )し、 オビ謳い文句 は『ゲーハッハッハ!やる夫スレ発、伝説的グルメコメディ「キッチン【やらない-O】」がまさかのコミカライズだ!』で、 折込チラシ は『エロとギャグと料理が入り交じる痛快グルメコメディ!』になってる。
最高の料理の腕を自負し、自らが作る最高の料理を自分が食べるためだけに使いたい三十路過ぎの洋食屋・洋二。
彼の日常は、濃すぎる常連客と従業員や料理仲間たちに囲まれ――彼の思い通りには行かない日々ばかり!? 裏表紙
「クレイジー・キッチン」1巻 【AA】の感想には、 E.M.D.2ndさん 『ベースは「キッチンやらない-O」なので、読んでいてどこか懐かしい感があったりしましたし、絵もいい感じにこの作品にマッチしてて、非常に読んでいて楽しかったです!』、 りっくさん 『話はそのまんま、「あの」巨大掲示板の悪ノリを色濃く残した漫画。
ウェイトレスはなんでボインボインなんやと思ったら詰めてた』、 神谷真尋さん 『オマケ漫画で読者がずっと気になっていたあの問題をネタにしていてニッコリ』などがある
なお、原作: 荻原数馬氏 は あとがき で『食に対するこだわりや、ゆずれぬものを抱いて生きていきたいものだという願いを込めて、原作小説を書きました。
…すいません嘘です』などを、漫画: ヤミザワ氏 の あとがき では『わりとやりたい放題やらせて頂きました。
狂気が足りないとあればご容赦ください』などを書かれている
「クレイジー・キッチン」1巻コミックス情報 / 連載ページ
「ひだるまキッチン特製、トンカツ定食だ。
ソースでも芥子でも好きに付けな」
焼き鳥作って、客とビールで酒盛り 「やるかいのぅ!」 「いただきます!」
「ゲーハッハッハッハッ」 ギュイィィィィィィィン
※生クリームづくり
「こんな寒い日はコロッケ定食なんてどうです?」
「(この女、肉まん必要か?自前のがあるだろうが!)」
「でも、楽しそうですよね。
なにより店長らしいし」
「ケェェキは好きかいィィ?」「ホギィィィィー」
「ノーパンしゃぶしゃぶ。
性欲と食欲のパラダイス」
「ゲーッハッハッ」
※ハンバーグ

2020-12-25 09:55:26

https://livedoor.blogimg.jp/geek/imgs/b/2/b24ba932.jpg

あきばサーチ このサイトについて SnapShots in Akiba
SmokeFree breakfast in Akiba
powered by A-trek2