AkibaSearch Blog Search
あきばブログ検索

あきばブログ検索
携帯版
smartphone版
画像検索 | Myキーワード | Japanese | English

プラネットガール1巻 「宇宙船技師の青年が挑む、宇宙人少女と寄り添うSF冒険物語!」 : アキバBlog
プラネットガール1巻 「宇宙船技師の青年が挑む、宇宙人少女と寄り添うSF冒険物語!」 : アキバBlog
大石日々氏 の初単行本コミックス 「プラネットガール」1巻 【AA】が12日に発売になった。
オビ謳い文句 は『遠い星から現れた少女と出会ってはじまる、日常系SFアドベンチャー!』で、 とらAのPOP は『惑星探査事故の原因を追求する宇宙船技師の青年が挑む、宇宙人少女と寄り添うSF冒険物語!』などだった
Tweet -
大石日々氏のコミックス 「プラネットガール」1巻 【AA】発売
とら秋葉原店A「宇宙船技師の青年が挑む、宇宙人少女と寄り添うSF冒険物語!!」
「安定しないなぁ…締めすぎたかも。
ボルト替えてみるか…」
「…おい、砂鉄。
砂鉄!!」
「お待たせいたしました」 「…整備士の遠坂です。
ドーモ…」
「――何が“尊い犠牲”だ。
“アルカディア”の安全性に問題なんてなかった
そうだよな、父さん…!」
COMIC ZIN秋葉原店
とらのあな秋葉原店A
特典:イラストカード
メロンブックス秋葉原1号店
大石日々氏 の初単行本で、月刊!スピリッツで連載されているコミックス 「プラネットガール」1巻 【AA】が、12日に発売になった
『プラネットガール』は、 コミックナタリー によると『物語の主人公は人見知りだが、宇宙船の性能については饒舌になる若き整備士の遠坂砂鉄。
15年前、惑星探査時に遭難した父の死の真相を追い求める砂鉄のもとに、ある日父の宇宙船のデブリと思わしき作業船が持ち込まれる。
そこには迷子の宇宙人・ソラが眠っていて……。
遠い星からやってきた少女との日常系SF冒険譚』で始まるお話
今回発売になった 「プラネットガール」1巻 【AA】には、 第1話から第4話を収録 し、 オビ謳い文句 は『遠い星から現れた少女と、出会ってはじまる、日常系SFアドベンチャー!』、 裏表紙 は『この子をあの惑星に送り届けるよ――』で、 とらな秋葉原店AのPOP は『それは父からの15年モノの贈り物なのか…宇宙から子どもがやってきた!?惑星探査事故の原因を追求する宇宙船技師の青年が挑む、宇宙人少女と寄り添うSF冒険物語!』が付いていた。
宇宙船造船所の技師として働く砂鉄は、15年前の惑星探査時に遭難した父の死の真相を求めていた。
彼は中学生の時に身を寄せた安島造船所で姉同然のマキ達と家族のように暮らす日々だが、父の事故を再現する実験をやめられない…。
そんな彼の元にある日、父の宇宙船のデブリと思しき作業船が持ち込まれる。
この船内にいた迷子の宇宙人ソラを、父の眠る星に送り届けると決意する砂鉄だが…!? コミックス情報
「プラネットガール」1巻 【AA】の感想には、 みょーさん 『15年前に父を宇宙船の遭難で失った整備士の砂鉄。
父が乗った宇宙船のデブリから出てきたのは…宇宙人?女の子?しっかりSFしてる良作です』、 まつりさん 『ほのぼのとシリアスが同時進行してて先が気になり過ぎる』、 多畠栄治さん 『令和の時代の「E.T.」(美少女ver)といった趣で、「ふたつのスピカ」や「うどんの国の金色毛鞠」なんかが好きな人は絶対にハマる日常系SFですな…』などがある
なお、コミックス情報の “編集者からのおすすめ情報” は『作者の大石日々さんは、学生時代からずっと大好きな宇宙の世界を描きたいと作ったネームで、デビュー後すぐに連載が決定しました。
新人作家とは思えぬ画力の持ち主が挑む“宇宙”の世界、宇宙人少女という“異文化”との交流、そして“兄弟”の衝突。
大切なものを詰め込んだ本作、ぜひお読み下さい!』などを告知してる
「プラネットガール」1巻コミックス情報 / 大石日々氏のTwitter
「“アルカディア”の一部らしき物が見つかった。
お前の父親の船だよ」
「ん?」 「え?」 「お、女の子…?」
「ナズルには有機生命体が存在するかもって話は聞いたことある…けど、
こんなに人間のかたちに近いなんて…!」
「平たく言や、テロリストってことだ」
「この子をナズルまで送り届けるよ」
「ちゃんと家に帰してあげられるまで、守っていかなきゃね」
「この発見、世界がひっくり返るかもしれねえぞ…!!」
「傷が…!消え…た?」
「大パニックになりかねない。
ましてや、人間に擬態しているとしたら」

2019-11-13 09:55:25

https://livedoor.blogimg.jp/geek/imgs/f/0/f0998f85.jpg

あきばサーチ このサイトについて SnapShots in Akiba
SmokeFree breakfast in Akiba
powered by A-trek2