AkibaSearch

blog search
ぷらっとホーム - SoftEther - PacketiX VPN - 4.0
ぷらっとホーム - SoftEther - PacketiX VPN - 4.0
一貫性と拡張性・互換性に優れた誰にでも扱えるVPNプラットホーム PacketiX VPN by ソフトイーサ株式会社
PacketiX, PacketiX VPN, SoftEther, VPN, パケティックス, ソフトイーサ
ぷらっとホーム - SoftEther - PacketiX VPN - 4.0
企業情報
English │
マイクロサーバ
|
モデルから選ぶ
|
事例・活用例
|
開発者向け情報
SoftEther
概要・ラインナップ PacketiX VPN
ソフトウェア仕様
ドキュメント
価格一覧
アプライアンス
PacketiX Desktop VPN Business
PacketiX Desktop VPN Business 2.0
保証条件
お問合せ
ホーム > パートナー製品 > SoftEther > PacketiX VPN > 4.0 >
新しい VPN プロトコルやシステムのサポート
新機能 - 新しい VPN プロトコルやシステムのサポート
PacketiX VPN 4.0 では、従来の HTTPS ベースの VPN プロトコルのほか、新たに L2TP/IPsec, OpenVPN, MS-SSTP, L2TPv3, EtherIP プロトコルがサポートされました。iPhone や iPad, Android, Windows Phone などのモバイル端末や、VPN ルータからの VPN 接続を受付できます。Windows 8 や Windows RT、Apple iOS、Cisco IOS などの新しい OS もサポートしました。 OpenVPN サーバー互換機能、Microsoft SSTP VPN サーバー互換機能により、OpenVPN や Windows Server に付属の VPN 機能を使用されていたお客様は、PacketiX VPN Server 4.0 に移行してこれらの VPN クライアントをサポートでき、VPN サーバーを一本化し、ハードウェアや OS ライセンス費用を削減できます。
L2TP over IPsec プロトコルサポート
以下のようなデバイスに標準搭載されている L2TP/IPsec VPN クライアントからの VPN 接続を受付けることができます。各デバイスには、特殊なソフトウェアをインストールする必要はありません。
iPhone
iPad
Android
Windows Phone
Windows XP / Vista / 7 / 8 / RT
Mac OS X
詳しい設定方法はSoftEther社のサイトをご参照ください。→ SoftEther社 PacketiX VPN 4.0
L2TP over IPsec の設定画面
L2TPv3 / EtherIP over IPsec プロトコルサポート
VPN ルータ製品には、L2TPv3 または EtherIP を IPsec で暗号化して通信する機能が搭載されています。これらの VPN ルータ製品の安価なバージョンは、1 対 1 の P2P 型 VPN を構築するのは簡単ですが、複数拠点をセンターでまとめるスター型 VPN を構築するのはとても難しく、そのような VPN の構築には高価なバージョンを購入する必要があるビジネスモデルとなっています。 そこで、これらの市販ルータの安価なバージョンを各拠点に設置し、センター側に PacketiX VPN Server 4.0 を動作させれば、安価で簡単に拠点間 VPN を構築することができます。
詳しい設定方法はSoftEther社のサイトをご参照ください。→ SoftEther社 PacketiX VPN 4.0
EtherIP / L2TPv3 over IPsec の設定画面
OpenVPN プロトコルサポート
「OpenVPN 互換サーバー機能」を搭載しました。すでに OpenVPN を用いてクライアント - サーバー間や拠点間で VPN を構築している場合は、OpenVPN サーバー側を PacketiX VPN Server 4.0 に置き換えることができます。 OpenVPN 互換サーバー機能は OpenVPN 社の OpenVPN ソフトウェアと同様に動作します。既存の OpenVPN クライアントのソフトウェアはそのまま、新たなソフトウェアをインストールすることなく、PacketiX VPN Server 4.0 に VPN 接続できます。リモートアクセス型の L3 VPN のほか、拠点間接続型の L2 VPN もとても簡単に実現できます。 PacketiX VPN Server 4.0 で OpenVPN 互換サーバー機能を用いる場合のメリットは以下のとおりです。
VPN サーバー側の設定が OpenVPN 社の OpenVPN と比較してとても簡単。
VPN クライアント側の OpenVPN 用の設定ファイルを自動的に生成する機能が利用可能。
1 つの VPN サーバーで、OpenVPN クライアントのほか、PacketiX VPN クライアントや上記のような iPhone、Android などからの IPsec 接続を受付けることができる。
ユーザー管理、セキュリティ設定などはすべて PacketiX VPN Server 4.0 上で行うことができるため、手間が削減され、セキュリティが向上する。
OpenVPN クライアントが動作する OS (Mac OS X, Linux, UNIX など) から PacketiX VPN Server に確実に接続できる。
Linux 上で動作する OpenVPN クライアントから PacketiX VPN Server 4.0 に接続する画面
Microsoft SSTP VPN プロトコルサポート
「MS-SSTP VPN 互換サーバー機能」を搭載しました。Windows Vista / 7 / 8 / RT に標準で搭載されている SSTP (Secure Socket Tunneling Protocol) から PacketiX VPN Server 4.0 に SSL-VPN で VPN 接続 (PPP over HTTPS) することができます。 この機能は本来は Windows Server 2008 / 2012 に搭載されているものですが、Windows Server のライセンス料金はとても高額であり、設定も難解です。PacketiX VPN Server 4.0 を用いれば、同等の機能がより安価で実現可能になります。 PacketiX VPN Server 4.0 で Microsoft SSTP VPN 互換サーバー機能を用いる場合のメリットは以下のとおりです。
VPN サーバー側の設定が Microsoft 社の Windows Server 2008 / 2012 と比較してとても簡単。
VPN クライアント側は Windows に標準付属の SSTP VPN クライアントを利用できる。VPN Client ソフトウェアの別途のインストールが不要。
Windows RT (ARM 版 Windows。タブレット用) からも VPN 接続できる。
ユーザー管理、セキュリティ設定などはすべて PacketiX VPN Server 4.0 上で行うことができるため、手間が削減され、セキュリティが向上する。
Windows Server 2008 / 2012 を購入する必要がなくなり、ライセンス料金が削減できる。
SSTP VPN 互換サーバー機能は、Linux や Mac OS X などの Microsoft 以外の OS でも運用できる。
OpenVPN 互換サーバー機能および Microsoft SSTP 互換サーバー機能の設定画面
新しい OS やシステムのサポート (VPN Server / VPN Bridge 側)
Windows 8 / Windows Server 2012 に正式対応。
Mac OS X: 10.7 (Lion), 10.8 (Mountain Lion) に対応。
Mac OS X: VPN Server / VPN Bridge でローカルブリッジが可能になりました。 これにより Windows, Linux, FreeBSD, Solaris, Mac OS X の全 OS でローカルブリッジ機能が実現したことになります。
Linux: ARM EABIHF アーキテクチャ (Raspberry Pi 等) で動作するようになりました。 また、Linux カーネル 3.x (Fedora 等) に対応しました。
Cisco IOS: L2TPv3 over IPsec に対応した Cisco ルータからの接続が可能になりました。
Windows 8 の SSTP 機能から PacketiX VPN Server 4.0 に接続中の画面
新しい OS やシステムのサポート (VPN クライアント側)
Windows 8 / Windows Server 2012 に対応しました。
Windows RT (OS に標準付属の L2TP over IPsec および MS-SSTP VPN によるサポート。)
Mac OS X (OS に標準付属の L2TP over IPsec、および OpenVPN クライアントによるサポート。)
Apple iOS (OS に標準付属の L2TP over IPsec によるサポート。)
Google Android (OS に標準付属の L2TP over IPsec によるサポート。)
iPhone の VPN 機能を用いて PacketiX VPN Server 4.0 に接続中の画面 Android の VPN 機能を用いて PacketiX VPN Server 4.0 に接続中の画面
EasyBlocks PacketiX VPN アプライアンス
PacketiX VPN アプライアンスは、リモートアクセスから拠点間接続通信まで容易に実現可能、大幅な機能向上を実現しました。 サーバーやOSの選定・用意も不要になり、またインストールの手間もないため、PacketiX VPN 4.0 導入における手間と時間の軽減が可能です。 ≫ PacketiX VPN アプライアンス詳細
ページの先頭へ戻る
個人情報取り扱い方針 | 利用規約 | サイトマップ |
Copyright (C) 1999-

2017-03-08 18:53:13

あきばサーチ このサイトについて powered by A-trek2