AkibaSearch Blog Search
あきばブログ検索

あきばブログ検索
携帯版
smartphone版
画像検索 | Myキーワード | Japanese | English

BTOOOM!最終26巻 Light編/Dark編のダブルエンディング 「どちらも濃く読み応え」 : アキバBlog
BTOOOM!最終26巻 Light編/Dark編のダブルエンディング 「どちらも濃く読み応え」 : アキバBlog
井上淳哉氏 の対戦爆殺マンガ 「BTOOOM!」最終26巻 Light友情編 / Dark真実編 【AA】が9日に発売になった。
冒それぞれ 異なる展開 と結末が描かれたダブルエンディングで、 マンガとかラノベ等の感想ブログさんの感想 は『どちらもとても濃く読み応えるのある物語』などがある
Tweet -
井上淳哉氏 のコミックス 「BTOOOM!」最終26巻 Dark真実編 【AA】発売
「BTOOOM!」最終26巻 Light友情編 【AA】発売
オビを合わせると「爆殺遊戯、堂々完結!マルチエンディング」
裏表紙 「説得するか勝負するか坂本の選択で世界が変わる─!
結末を選ぶのはアナタ自身!」
とら秋葉原店Aに入荷した「BTOOOM!」26巻 Light友情編 / Dark真実編
特典:両面イラストカード Light友情編 / Dark真実編
COMIC ZIN秋葉原店
特典:イラストカード
ゲーマーズ本店
メロンブックス秋葉原1号店
同時購入:クリアファイル
井上淳哉氏 が月刊コミック@バンチで連載されていた、無人島を舞台にした対戦爆殺マンガ 「BTOOOM!」最終26巻 Light友情編 / Dark真実編 【AA】が9日に同時発売になった
『BTOOOM!』は、誰かしらから恨みを買った人たちが、連れてこられた無人島で爆殺ゲームをさせられることから始まったお話で、今回発売になった 26巻Light友情編 / Dark真実編 【AA】の カバー折り返しのあらすじ は『“THEMIS”プロジェクトは崩壊寸前かに見えた。
だが、鷹嘴はまだゲームを諦めていなかった。
難病の母を持つ織田を引き込み、再びゲームを始動。
ゲームクリアへと舵を切った織田は、坂本に決闘を挑むが…。
果たして、坂本の決断は─』になてった
Light友情編 / Dark真実編 【AA】は、織田に決闘を申し込まれた後の 異なる展開 と結末が描かれたダブルエンディングで、 裏表紙 は『坂本の選択で世界が変わる─!「決闘を申し込む、オレと勝負しろ」。
「説得する」、「勝負する」。
結末を選ぶのはアナタ自身!』で、タイトルの異なる第118話~第121話を収録(目次: Light友情編 / Dark真実編 )し、2冊を並べた オビ謳い文句 は『爆殺遊戯、堂々完結!マルチエンディング』だった
ちなみに Light友情編 『坂本が織田の説得を選んだ世界を描く。
輝夜と上杉を人質にとる織田に対して、争う必要はないと説得を試みる坂本。
~理想を追い求めた先に、待ち受ける結末とは─!?』で、 Dark真実編 『坂本が織田との決闘を選んだ世界を描く。
坂本は迷いを断ち切り、1人織田の元へ。
~現実を受け止め、戦いを選んだ末に、待っている結末とは…。
苛烈を極める爆殺遊戯に生き残るのは誰だ!?』になってた。
「BTOOOM!」最終26巻はマルチエンディング2冊同時発売!理想をもとめ、生を得るか。
死を賭して、変革を成すか。
あなたはどちらの結末を選びますか? 月刊コミックバンチ公式Twitter
「BTOOOM!」26巻 Light友情編 / Dark真実編 【AA】の感想には、 マンガとかラノベ等の感想ブログさん 『マンガでこんな結末の描き方をしたのはとても面白い試みで、どちらも我慢してなくとても濃く読み応えるのある物語』、 アーリオ オーリオさん 『個人的には、ダークサイドの方が ブトゥームらしいラストだったかと』、 REIの日常さん 『Light友情編の方が~報われているかなーとは思いました』、 りりまるたそくんさん 『どっちも好きな終わり方』、 なおぽにょんさん 『加筆も多くてかなり満足できる最終巻』などがある
なお、作者: 井上淳哉氏 は、 Light友情編のあとがき で『近年、読者は気持ちいい読後感を求める傾向にあると思います。
読者のニーズに合わせるべきか?作家としてのアイデンティティを追求するべきか?悩みに悩んだ末、両方別々に描いてしまうのが面白いんじゃないか?と反則的なアイディアが浮かびました。
~ Light編 では「サービス」を重視しました。
これがオフィシャル(公式)であるべきだと考えますし、愛情も込めました。
だからこそ、もう1つの Dark編 では僕の「アイデンティティ(個性)を重視して思う存分描かせていただきました』などを書かれている
「BTOOOM!」26巻 Light友情編コミックス情報 / / Dark真実編 / 作品情報
「いよいよ佳境を迎えた“BTOOOM!GAMERS”
生き残ったのは6名!そのうち生還が許されるのはたったの3名!」
「坂本竜太の背景には共産圏の特殊部隊が潜んでいます。
“THEMIS”プロジェクトを潰すために。
しかし我々も負けてはいません。
最強プレイヤーの織田信隆くんが
守ってくれています」
「オレと組むなら話は別だ。
オレとおまえとヒミコの3人でクリアだ!
堂々と日本で自由が手に入るんだ」
Light友情編「ラストバトル
なんだ。
派手にいこうぜ」
「ホーミング式を織田に
撃て、ヒミコッ!」
「(違う…諦めでもハッタリでもない…アタシには分かる)」
Dark真実編「ずっと友達だと思って信じてたんだよ」
「オレのゲーム脳はこの
答えしか導き出せなかった」
「イヤアァァァ!
竜太ァァァァ!」

2018-08-10 10:40:07

あきばサーチ このサイトについて SnapShots in Akiba
SmokeFree breakfast in Akiba
powered by A-trek2